薄毛の絶望から脱出!ミノキシジルとプロペシアにお礼

薄毛の絶望から脱出!ミノキシジルとプロペシアにお礼

薄毛治療に効果的!AGA治療薬のミノキシジル!

ミノキシジルは、血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛に効果的であるとされました。
そのため、発毛剤の成分として注目されており、現在はAGAの治療に用いられています。
AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語では男性型脱毛症といいます。
円形脱毛症などとは違い、生え際や頭頂部から少しずつ髪の毛が薄くなってしまうタイプの脱毛の仕方を言います。
髪の毛が抜ける原因は様々、主に男性ホルモンや遺伝の影響が強いと言われていますが、その他にも食事などの生活習慣が原因しているといわれています。
そのため、近年は生活習慣の乱れからか、AGAになる人が増えており、全国で1260万人もいると言われており、多くの人々を悩ませています。
そのAGAに効果的だとされるミノキシジルには、飲むタブレット状のタイプと塗るタイプのものがあります。
塗るタイプの物としては、日本では大正製薬から発売されているリアップが有名です。
血管を拡張することで、発毛を促進するとされており、通常は1~3ヶ月程度で効果が現れだします。
飲むタイプのものは、塗るタイプに比べて直接体内へ浸透するため、発毛効果も高いとされています。
早くて1~2週間で効果が現れたという方もいるそうです。ただし、その分副作用も出やすいので服用には充分注意が必要です。
また、その他にプロペシアと呼ばれる錠剤タイプのAGA治療薬があります。
飲む育毛剤と言われるこの薬は、有効成分であるフィナステリドが抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑える働きがあり、これが抜け毛を抑え、薄毛治療に効果的であるとされています。
ただし、効果を感じるには少し時間がかかり、一般的に半年~1年掛かるとされています。
これは、髪の毛の成長サイクルが関係しています。
さらにミノキシジルとプロペシアを併用することで、相乗効果が期待できると言われています。
合わせて使用することで、効果的に薄毛治療をすることができます。